太陽光発電良くぞ
太陽光発電良くぞ
ホーム > 髭脱毛 > 光脱毛は産毛への効果は望めない?

光脱毛は産毛への効果は望めない?

サロンで光脱毛の施術を受けてきた当日はお風呂に入ることは禁止されています。

 

シャワーを浴びたい時には石鹸類を一切使用せず、ぬるま湯を浴びるようにしましょう。次に、デオドラントスプレーや薬の内服などは推奨されていません。

 

それに、刺激の少ない保湿剤を使って肌の乾燥を誘発しないようにします。

 

そして、体温が上がってしまうような行為や発汗はしないようにしましょう。

 

光脱毛はレーザーより光線の出力が低く、負荷の少ない方法ですが、なかには施術ができない人もいますので、ご注意ください。まず、ムダ毛を「抜く」方法できれいにしてしまった方は、光脱毛のライトが反応する部分がないため施術できません。それに、妊娠中の方もできません。

 

技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。また、光アレルギーの方が光脱毛を受けられないのは、当然といえば当然なのですが、普段から紫外線に極端に弱いと感じている方は、医師に相談してみましょう。

 

すでにダメージを受けている肌の場合も施術が受けられませんので、日焼けとか、湿疹やメイクかぶれなど、肌の状態が良くない人も施術を断られることがあるでしょう。後の肌トラブルやもともとの状態を悪化させないためのことですから、やむを得ないですね。

 

サロンではどのような状態が受けられないのか教えてくれると思いますが、もともと持病のある方、市販・処方を問わずいつも服用しているお薬のある方は、脱毛施術が受けられるかどうか、お医者さんに相談してみると良いでしょう。

 

基本的に、光脱毛は産毛への効果はそれほど望めないといわれます。光脱毛に使用されている光は黒色にのみ反応するので産毛などの色があまりない毛には反応しにくいという性質があります。

 

光脱毛を採用し、施術をしている脱毛サロンで顔脱毛を受ける場合は、技術面で信頼できるところで脱毛しなければ肌トラブルを引き起こしてしまう危険性があります。

 

レーザー脱毛!その効果と回数をひげ脱毛で実感!